*

慌てる人は損をする?!美味しく飲むための急須の正しい使い方

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 オススメのアイテム



昔はよくデパ地下などで煎りたてのお茶のいい香りがしたものです。デモンストレーションで小さな紙コップのお茶を頂いたり、日本茶のおいしさを感じる機会が今は少なくなってしまった気がします。夏になると、急須にいれた熱いお茶を飲む機会はほとんど無いと思いますが、氷をたっぷり入れたグラスに熱々の濃いめに作ったお茶をじゅっとそそぐと、おいしい冷茶が出来上がります。

ペットボトル入りの冷たいお茶がいくらでもあるじゃないか、と思うかもしれませんが、是非試してみてください。入れたての冷茶は香りも良く、とってもおいしいので。温かいお茶を入れる時も、ちょっとしたコツがあります。まず、急須も湯呑もお湯で温めておきます。一度お湯を捨て、お茶の葉を急須に入れます。

量は好みですが、あまりどさっと入れない方が良いと思います。ティースプーンに2,3杯くらいでしょうか。お茶の葉に少し熱湯をかけ、すぐに蓋をして蒸らします。数秒間待ち、香りが立ちのぼったら急須にお湯をそそぎます。そしてまた蓋をし、数秒間待って湯呑にそそぎ入れます。

せっかちな人はついつい蓋をしてお茶がむれるのを待っている間、急須を持ち上げてぐるぐると回してしまいがちですが、これはやらない方が良いです。お茶のえぐみと言うか、渋みが出てしまいます。おいしいお茶を入れたければ、しばしがまんです。

もし湯呑に入れたお茶が薄いようなら、もう一度急須に戻して入れなおす。捨てるのはもったいないです。それに緑茶は一杯目が一番おいしいので。2杯目まではおいしく飲めるので、ゆっくりお茶の時間を楽しみましょう。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑