*

東京の中にもある名産!狭山茶の驚きの特徴

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 たくさんの種類



今や日本だけではなく世界の色々な国で飲まれている“日本茶”。その効能は数多く、成人病や胃腸の病気の予防にはじまり、美肌や虫歯予防など枚挙にいとまがありません。そんな魅力ある日本茶が身近にあり、いつも新鮮で本格的なものを手軽に飲むことができる私たち日本人は幸せですね。

そんな日本茶の中で生産地が首都圏にあって一番東京に近く、そして味もすぐれている狭山茶をご紹介したいと思います。狭山茶といっても狭山市以外でも茶葉は生産されており、埼玉県では所沢市や入間市の生産量が多く、埼玉県西部の秩父地域からも出荷されています。

東京都内にも茶畑があり、埼玉県の生産地にも近い瑞穂町や武蔵村山市でも栽培が行われています。圏央道の狭山パーキングエリアでも狭山茶を飲むことができますし、PAショップ内では狭山茶の茶葉はもちろん、お茶を使ったお菓子などのお土産も購入できます。

狭山茶は、日本茶の栽培地域としては寒い地域で生産されており、他の日本茶の名産地と比べても埼玉県は気温が低い土地です。そこで寒さにも耐える肉厚の茶葉が育てられており、加工の方法(火入れの方法)も他の日本茶とは多少異なる独特な手法のため、甘みがあって味わい深いお茶となっています。茶葉が厚いため、お急須に入れる量が少なくても味が出やすいという特徴もあります。

昔から味の良い銘茶として親しまれてきた狭山茶。東京のすぐそばで作られながら名前としては静岡茶に押され気味の雰囲気がありますが、味では日本一と言っても過言ではないお茶です。今一度、狭山茶を飲んでおいしさを再発見してみませんか。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑