*

冷茶の作り方

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 たくさんの種類



冷茶(れいちゃ)

日本茶は本来お湯で茶葉の成分を抽出して味を出すものですが、夏の暑い日ではアツアツのお茶では飲むのにも苦労します。そこで冷たいお茶のいれ方をご紹介します。水だし茶に向く品種は玉露や上級煎茶などの香りが高いもの、味が濃く出るものを使うのがおすすめです。水でいれると渋みなどが少なくさっぱりとしたお茶をいれることができます。

簡単な方法ですから急に来客が来られたときやすぐに冷たいお茶が飲みたいときに試してみましょう。

冷茶のいれ方

茶葉の量 2人分
8g(ティースプーン4杯)
水の量
180cc
抽出時間
120~180秒

順番
茶葉を急須などに入れます。このときに普通の急須ではなく冷茶用の大きめの急須を用意すると、2~3個氷を入れておくことができるため、水だけのものより冷えたお茶が作れます。水だし茶はお湯でいれるより抽出しにくいため、通常の2倍程度の茶葉を多めに入れ、水を注いだらゆっくり回しながら抽出を待ちます。

時間はお湯を注いだときよりも多めで2分以上時間をかけ、冷茶用の湯呑に少しずつ均等にお茶を注いでいきます。この際にガラス製品などを使うと涼しげに感じられます。急須に残った最後の一滴まで注ぐと風味が強く感じられます。氷を入れるため急須以外の容器を使った場合は注ぐ際に茶こしなどを利用するといいでしょう。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑