*

玄米茶・ほうじ茶の作り方

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 たくさんの種類



玄米茶(げんまいちゃ)

炒った加工を施した玄米と同じ容量の煎茶や玉露を混ぜ込んだお茶です。玄米の香ばしい匂いと煎茶などのさわやかな味わいが同時に楽しめます。製造過程で玄米をブレンドしていることにより、通常のお茶と比べてカフェインを含む量が少ないので、小さいお子様や年配の方でも安心して飲むことができます。

ほうじ茶(ほうじちゃ)

煎茶などの茶葉をきつね色になるまで焙煎(ばいせん)した状態の茶葉です。その他に芽茶や茎茶を炒って混合する場合もあります。炒る温度は200℃にも達し、できた茶葉は苦みや渋みがほどんどありません。すっきりした味と独特の香りが楽しむことができます。茶葉から上手にいれるにはコツがあり、料亭などで出されることがあります。

玄米茶・ほうじ茶のいれ方

茶葉の量 2人分
玄米茶  5g(ティースプーン1杯半)
ほうじ茶 3g(ティースプーン1杯)
お湯の温度
95℃
お湯の量
150~200cc
抽出時間
玄米茶・ほうじ茶 30秒

順番
茶葉を急須に入れ、ポットなどで高温のお湯を注ぎます。このときに抽出時間をよく測りましょう。時間をかけすぎると色や味が濃くなり、渋みなどが感じるため味が悪くなりがちです。複数の湯呑などに入れる場合は順番に均等にいれ、最後の一滴までしぼります。また玄米茶・ほうじ茶は保存があまりきかないため、いれたその日に飲まれることをおすすめします。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑