*

妊娠中に『日本茶は飲んでもいいのか?』ホントウソ?

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 驚きの効能



妊婦のカフェイン摂取について

女性にとって妊娠中はさまざまな苦労や弊害があります。そんな奥さんを少しでも楽にさせるため、世の旦那さんは力となり心の支えになるのが男であるべきです。この時期は後々の夫婦関係にも大きく響きますので、人生において一番大切な時期と言ってもいいかもしれません。そんな妊娠中に気にするものと言えば食べ物や飲み物の関係です。

中でも日本茶の中にはカフェインは含まれており、妊娠中に飲んでいいものかどうかの質問をよく見かけます。身体を心配する方の中には、麦茶や炭酸飲料水が苦手な方なども多いでしょう。しかし甘いものばかり飲んでいると余計にのどが渇いてしまいますし、それらに入っている糖分も気になります。

そこで日本茶を飲んでいいものかどうか調べた結果、日本茶には妊娠中の身体の働きを助けるビタミンCが含まれていて、むしろ健康にはいいとのことです。つまり単品でも食事と一緒に飲んでも問題はありません。またカフェインが気になるという場合はペットボトルのお茶がおすすめです。これらはカフェインが少なめになっていて、急須で直接入れるよりカフェインを少なく抑えることができます。

ただしペットボトルでも玉露入りのお茶や健康茶の類(ダイエット茶など)はカフェインも多く含んでいます。飲んだ量が気になるというならば、ペットボトルの多くのお茶には目盛がついていて、飲んだ量が分かりやすく一つの目安になりやすいのが魅力です。

薬の効果を考えるとあまりよくない

ただし、食後に薬を飲むなどの関係で鉄分を摂取するときは日本茶はやめましょう。日本茶に含まれる『カテキン』が薬の効果を抑えてしまう場合があります。どうしても飲みたいんだ!というならば、ノンカフェインのお茶やコーヒーも市販されています(値段は少々高めですが・・・)。そこらへんを調べてみるものいい方法ですね。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑