*

日本人なのにお茶アレルギー・・・原因と対処

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 驚きの効能



お茶にも存在するアレルギー

日本人は花粉症・食物などアレルギーが多い人種と言われていますが、実はお茶に対してもアレルギーがあるという方も存在していて、お茶を全く飲めないという方もいらっしゃいます。会社での来客などでは注意するべき点でもありますね。日本茶といえば日本オンリーの代表的な飲み物ですが、日本食アレルギーと言えばそばアレルギーが挙げられます。

そば麵を食べることはもちろん、ゆでたときの匂いを嗅ぐだけでも症状が出てしまう人もいます。そばという一般的な食べ物の中だららこそ日常的に危険が潜んでいるのですから、大変な思いをされていることでしょう。

その他にもあるお茶アレルギー

その他には麦や玄米がアレルギーという方はたくさんいます。健康ブームで玄米が店に出されていることもあり、これもまた危険をはらんでいるといえるものの代表ですね。たとえ食物でない飲料だとしても麦茶、玄米茶は絶対に口にしてはいけないものです。

触れただけでも痒みや湿疹の症状が出る場合があるので、幼少の子どもには注意が必要です。そもそも植物系の食材は、主に体に良いといわれていますが、アクが強い草や実、根っこなどを使う食品には注意が必要です。

原因はお茶以外にも

食べ物自体にはアレルギーは無くても、栽培のときに使用した農薬、保存用の容器の塗料など、さまざまな原因が考えられます。人の生活は便利になりましたが、何かを手に入れたら何かを代償にしなくてはいけない生活なのかもしれません。またストレスが多いときや心身ともに疲れているときは、症状が悪化したりする可能性もあるので、かかりつけのお医者さんとよくお話しすることが大切です。

緊急時にはすぐに病院に行かなくてはならないケースもあるので、特にお子さんに向けては普段食べなれたものや、飲みなれたものにしておいた方が無難な場合があります。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑