*

よく分かる!日本茶に含まれるカフェインの秘密

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 驚きの効能



日本茶に含まれる主な成分

お茶は初摘みである茶葉と二番目以降に摘んだ茶葉を分けた呼び方をします。一番茶は初茶と言われ、初茶以降に二番摘まれたお茶を番茶といった呼び方をします。全く同じお茶の苗から摘んだとしても、収穫する時期によって呼び方が変わるなんて、お茶にはいろいろな決まりがあるのですね。

それもそのはずで摘んだ後のお茶になる度に味が変わるのです。お茶の主成分である『カテキン』や『アミノ酸(テアニン)』は主に若い芽に多く含まれ、二番茶以降のお茶であるとだんだんと減少していきます。

お茶に含まれるカフェインの秘密

カテキンやテアニンの他にはお茶には『カフェイン』が多く取り上げられます。ほうじ茶のように製造過程の段階で高温で処理するお茶の場合では、カフェインはお茶から身体に吸収される量は少なくなるといわれています。このカフェインは身体に様々な変化をもたらすと効果があります。

カフェインの代表的な作用としてあるのが、眠気を覚ます覚醒の作用や、トイレが近くなる利尿作用などがあるのです。カフェインは、神経に興奮的に作用(覚醒作用)するため、パソコンなどの事務に当たる知的作業能力を上げてくれるという現代人にとって必須の飲料と言っても過言ではないのでしょうか?

またカフェインを体内に補給した状態で運動を行うと、体内のブドウ糖を消費するより先に脂肪を燃焼してくれるという特性を持っているため、ダイエットにも効果的な作用を生み出します。お腹が気になる方は試してみるといいかもしれません。ですがコーヒーなどの場合、もちろん無糖であることは言うまでもありません。

まだまだあるカフェインの効果

さらには日本茶は二日酔いを防止する働きがあるというのです。これも先ほどのカフェインの働きによって体内のアルコールが肝臓で減らされる効果が高められるというのです。お酒好きな人はお酒を飲酒前にお茶を先に飲むといいでしょう。たったこれだけで辛い二日酔いを防いでくれるのならば、使わない手はありませんよね。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑