*

外で楽しもう!お茶を上手に凍らせるコツを大公開!

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 色々な雑学



お茶は凍らせてもいいのか?

夏場は汗を多くかきますし、こまめな水分補給のため、冷たいお茶を水筒に入れてグビグビと飲むこともたくさんあると思います。しかしながら水筒にお茶をそそいで氷を入れたとしても、しばらくして氷が溶けてくると濃いお茶でも氷が溶けた水のせいで、薄いお茶となりせっかく美味しいお茶でも味が水っぽくなってしまうことはよくあるのではないでしょうか?

そこでおすすめな方法があるのですが、水を凍らせるのではなく、お茶を凍らせて持っていくという画期的なやり方を試してみてはどうでしょうか?普段お茶を作るのと同じように、冷凍庫でお茶の氷ブロックを作り、それを水筒に詰めるのです。

お茶はたとえ凍らせてしまっても、味や成分が変化することはあまりない飲料です。これならば氷が溶けても味は薄まりませんし、味も美味しいまま冷たいお茶を飲むことができるというわけですね。

トイレが近くなります

この方法で一番の問題があるとすれば、お茶の成分を薄めることなく丸ごと飲み干すこととなります。夏場などでは水分を多くとることが大切ですが、お茶ばかりをたくさんとってしまうと、下品ではありますが利尿作用が高くなりトイレが近くなることです。

特に仕事で車など移動することが多い会社員の方はトイレに立ち寄る回数が増えるてしまいますから、『あの野郎仕事しないでトイレばっかり行ってやがる(怒)』なんてことにならないように注意しましょう。

冷たいものばかりだと・・・

冷たいものばかりをたくさんとると身体が冷えてしまいます。特に内臓の機能が落ちやすく、夏バテの原因となり、食欲不振や下痢などの症状が出る場合があります。野外で暑い中で常に仕事をされる方でない限り、たとえ暑い日でも室内の温度の下げ過ぎは注意しなければなりません。

OLさんがクーラーの効きすぎで、身体を壊してしまうのと同じようなことが起きてしまうのです。社内での仕事、外部での仕事が分かれる方はその日その日で調整して飲み物を選ぶことがいいでしょう。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑