*

煎茶の作り方

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 たくさんの種類



煎茶(せんちゃ)

日本で一番多く飲まれているお茶です。昔ながらの過程に沿った製造をして作られており、茶葉を湯に煮出して成分を抽出した状態のものを煎茶(煎じ茶)と言います。煎茶の種類は製造の段階での茶葉を蒸す時間により大きく変わり、蒸す時間が長くなるほど味、色などが濃くなります。

また上級煎茶、高級煎茶と呼ばれる煎茶があり、より味わいと繊細さを引き出したお茶です。高級と聞くと価格が高いイメージがありますが、値段はそれほど違いがないのも特徴です。

煎茶のいれ方

茶葉の量 2人分
4g(ティースプーン2杯)
お湯の温度
95℃(上級煎茶の場合80℃)
お湯の量
150~200cc
抽出時間
普通煎茶 20~30秒
上級煎茶 40~60秒

順序
茶葉を急須に4g程度いれます。普通煎茶の場合ポットややかんから沸騰した直後のお湯を直接急須に入れます。上級煎茶の場合は湯呑などに注いでいったん冷ました80℃程度の温度をお湯を使用します。

普通煎茶は急須にお湯を入れた後20~30秒の茶葉の抽出時間を置きます。それより時間を短くすると雑味の少ないさっぱりとした味のお茶ができます。一方上級煎茶は普通煎茶より成分が多く溶けだすので、それより時間が長く40~60秒時間を置きます。時間を置いたら均等に湯呑に分け最後の一滴まで注ぐとお茶のエキスが十分に楽しめます。

深蒸し煎茶(ふかむしせんちゃ)

普通の煎茶を製造する過程で一定より蒸す時間の長くなった煎茶を深蒸し煎茶と言います。普通煎茶に比べ茶葉が細かくなるのが特徴で、抽出した際に身体に取れる成分を多く含み、煎れたとき茶葉の成分が多く溶けだし、お茶本来の濃厚な旨みと深い色合いが楽しめます。

深蒸し煎茶のいれ方

茶葉の量 2人分
4g(ティースプーン2杯)
お湯の温度
80℃
お湯の量
150~200cc
抽出時間
30秒

順序
急須に茶葉を入れた後、沸騰させたお湯を湯呑などに移して冷めるのを待ちます。冷めたお湯を急須に入れ抽出時間を30秒ほど置きます。深蒸し煎茶は普通の煎茶より、成分が溶け出しやすく抽出時間は短めです。各湯呑に均等になるように入れ最後の一滴まで注ぎましょう。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑