*

大人数に入れられる煮出し茶の作り方

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 色々な雑学



たくさん作れる煮出しのお茶

工事などで多くの作業員の方に配るときなどは煮出しのお茶がいいでしょう。急須などに移して1杯1杯作るのではなく大量に作れるので便利ですし、作り方としてはやかんに水を入れて沸騰したらパックの茶葉を放り込み、火にかけるだけですから簡単です。

日本茶は避けましょう

ただし前日に作って冷やす場合などは日本茶は避けましょう。すぐに出す直前に作るならばならばいいですのが、日本茶は長時間保存するのには適しておらず、お茶の成分が酸化してしまい色や味が悪くなります。日本茶のパックに包装されたものも売っていはいますが、そもそも日本茶は低温でじっくり抽出して飲むものですから煮出しすることには合いません。

保存する時間が長いときには麦茶やほうじ茶、烏龍茶などが味も落ちずおすすめです。またやかんはお茶の煮出しに使い続けるとお茶の色や成分が染み込み、沸騰すると中に入れた水に移ってしまいます。それらはカビの原因ともなりますので一回一回きれいに洗うか、水だけで一度沸騰させてお湯を捨てるなどをします。また味が移るのが嫌ならば他のやかんを使った方がいいです。

煮出しのお茶の作り方

煮出しのお茶のいれ方はまず中の水が沸騰するまで沸かしてから水の分量に合ったパックを入れます。後は7~8分間弱火で沸騰させ続けます。時間が経ったらやかんの中からパックを取り出してできあがりです。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑