*

ガブガブ飲みたいけれど・・・実は危険なお茶の飲み方

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 色々な雑学



熱いときにはお茶を飲もう!

毎年夏の暑さは連日最高温度を更新し猛暑を記録しています。そんなときには冷たいお茶をグイッと飲んで涼しげに!すっきりとしたお茶の香りは何ともさわやかな気分にしてくれます。冷蔵庫まとめて冷やしておくならば麦茶や烏龍茶などがよいでしょう。

一方日本茶は長時間置くと黄色から茶色く酸化してしまいます。そうすると味も香りも悪くなりますので、冷たい日本茶を飲むならば保存するよりも1杯ずついれるのがよいでしょう。

冷たいお茶は危険?

あまり暑いからといってがぶ飲みするのは身体にとってあまりよくありません。冷たいものは内臓を冷やし消化機能が落ちるためお腹を壊しやすくなります。またリンパ線の活動も悪くなるため老廃物や水分の排出が落ちます。

特にお子さんやお年寄りの方は注意が必要です。その他に冷やされた内臓を保護するために身体に脂肪が溜まりやすくなるため、ぽっこりお腹の原因になります。お腹周りを気にする女性は気を付けましょう。

ゆっくりと飲みましょう

水分を取るならば本来熱いお茶がいいですが、炎天下の中で動き回った場合そんなことも言ってられないというのも現状です。それならば冷蔵庫から出してすぐ飲むのではなく、いったん放置してできるだけ常温に近づけたものを飲むことがいいでしょう。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑