*

眠気がスッキリするのはどのお茶?

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 驚きの効能



コーヒーや紅茶、日本茶はカフェインを含んでいるため、眠気やリラックスの効果があることは知られています。ではその3つの中で、一番カフェインを含んでいる飲み物とはどれに当たるのでしょうか?

1位は意外にも・・・?

100mlに含まれているカフェインの数値を見てもらうと、

日本茶(番茶) 20mg
コーヒー     40mg
紅茶        50mg

と言ったように、一番カフェインを多く含むのは紅茶ということになります。眠気覚ましと言えば、コーヒーというイメージがあるので、意外な結果ですね。また日本茶の種類によって、カフェインの有含量は大きく異なります。

今回は代表的な番茶を例にとりましたが、玉露や煎茶などのように、入っている成分をそのまま摂取することの多い、お茶になるとカフェインの量が倍以上に膨れ上がったりもします。

しかし日本茶に含まれるカテキンの効能で、カフェインを中和し胃を荒れることを防いでくれる効果があり、身体に優しいという点では断トツで日本茶に軍配が上がります。

やっぱりお茶の性能はすごい!

一方でコーヒーや紅茶の類はそういった成分が入っていたとしても、ごく少量でしかないため、飲みすぎるとカフェインの過剰摂取のため、胃の粘膜を傷つけたりしてしまう危険すらあるのです。 

仕事や勉学での疲れや眠気覚ましに効果があるのは、全体的に考えてみると、日本茶がベスト!ということになりますね。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑