*

日本茶、紅茶、烏龍茶の違いは?

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 色々な雑学



日本茶と紅茶、烏龍茶は元は同じお茶の木からできていることは、すでに周知の事実だと思いますが、なぜそれぞれに同じ品種からつくられているのに、こんなにも色や香り、味が違うのでしょうか?

お茶の違いは発酵状態の違い

原因は茶葉を摘む前や、摘んだ後の製造加工の違いによってまったく変わってくるのです。お茶の製造過程の中で一番重要な項目は発酵と呼ばれるものです。茶葉は木から摘んだ瞬間から、熱を持ち始め発酵が始まり成分の化学変化が起こります。

まず紅茶はその発酵を最後まで完全に進めて、加工したものと思っていいです。その点緑茶は早い段階で、その発酵を止めて、過熱を加えて発酵による酸化現象を極力抑えた製造過程を取っています。

お茶の味を変えるのは全て、発酵状態に関わってくるといっても過言ではないでしょう。ちなみに烏龍茶は、紅茶と日本茶の中間の発酵具合と言ったところです。

色々なお茶の評価

烏龍茶は日本人の中では中国茶と言えば一般的なお茶ですが、中国茶全体から見ると10%程度の生産量のお茶です。思ったより少ないですね。また紅茶は品種の違いこそあれ、世界中のお茶の消費量の70%を占める正解最大のお茶と言えるでしょう。

日本茶の評価はまだまだ低いところにいますが、健康にいいということで、世界から注目があり、海外でも身近なお茶になりつつあります。いつか世界中のどこの国に行っても、日本茶が飲まれている。そんな光景を見かけるかもしれません。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑