*

玉緑茶

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 たくさんの種類



玉緑茶(たまりょくちゃ)

煎茶と製造法はほとんど変わりませんが、精揉の工程をせず回転する釜の中で乾燥させるため茶葉が丸くなります。煎茶に比べて渋みが少なく、まろやかな味わいをしています。主な生産地は北九州や西九州などの地方が多いのが特徴です。

釜伸び茶(かまのびちゃ)

お茶の葉を摘んだ状態のことを生葉と言いますが、通常生葉の状態から蒸すことから始まる工程によって製品となります。釜伸び茶の場合蒸すことはせずに生葉を高温の釜で炙ることによって作られるお茶の種類です。まっすぐに伸びた茶葉の形をしていることにより、この名前が付けられました。

釜炒り玉緑茶(かまいりたまりょくちゃ)

工程は途中まで玉緑茶までと一緒ですが、その後高温の釜で炒るためこう呼ばれます。玉緑茶と同じように茶葉が丸いことが特徴です。製造が複雑なため貴重な品が多く、入手が困難なものもあります。煎茶とはまったく違った味わいが楽しめます。

これらの茶葉のいれ方は煎茶と同じで楽しむことができます。煎茶のページを参考にしてください。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑