*

水道水の方が安全で浄水器で作ったお茶は危ない?

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 色々な雑学



水道から出る水は消毒のために塩素を混ぜているため、ごくわずかですが、味に濁りがあります。浄水器を活用しているご家庭も多いのではないでしょうか?水道の水を美味しくしてくれる浄水器ですが、実は細菌を増やしてしまう欠点があります。

浄水器は危険?!殺菌できない水

特に作り置きしてある麦茶などは危険で、普通の水道水に比べて長期間の保存がしにくいということです。冷蔵庫で冷やしていたとしても、細菌自体が増えていきますから、夏場などの気温が高い日が続く場合は、下手な保存をすると食中毒などの危険があります。

また水道水でも熱を加えて煮出しした場合は同じことが言えます。水の沸騰により塩素が飛んでしまい、本来の殺菌能力がなくなってしまうのです。消毒のためにやっていた一度熱することは、水道水に限り実は全くの逆効果であるということも頭に置いておいてください。

飲む量を考えて作りましょう

やっぱり水道水だと味がどうしても気になるという方は、少ない量でその日に飲み切るなどの工夫をされた方がいいでしょう。また大量に作りやすい麦茶に比べて、日本茶は作るのが手間がかかるかも知れませんが、殺菌効果がありますから麦茶よりも細菌の感染のリスクを減らすことができます。

とはいえ、何日も放置したお茶はどんなものであれ危険です。せっかく作ったのに泣く泣く捨てることのないよう、作る分量は間違いたくないものですね。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑