*

日本茶は脳卒中・心筋梗塞すら防げるのか?

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 驚きの効能



脳卒中や心筋梗塞の病気はなぜ起こるのか?

我々の生きる現代社会は外部からの刺激に満ちており、長時間のパソコンやテレビ、車の排気ガス、喫煙や飲酒のし過ぎによってたくさんのダメージを受けています。そのダメージがストレスとして身体が反応すると有害物質を作り出し、放っておくとさまざまな病気や症状を引き起こす原因となってしまいます。

その多くは身体の細胞はもとより、人間の根本である遺伝子までも侵しています。なぜ有害なものとしてされるのかというと、これらにより、体内の悪とされる活性酸素が大量に体内で発生してしまいます。

活性酸素が原因の病気は8割も

では活性酸素とはなんぞやといいますと、むしろ美容を気にする女性の方が詳しいかも知れません。簡単な活性酸素とはシミやソバカスなどの余分な成分、いわゆる体内の毒素のことです。これが体内で発生すると、身体の細胞を酸化させ、過酸化脂質をいう物質が作り出してしまいます。この物質が身体の老化を進める働きをしてしまいます。

その結果、あのころはきれいだった奥さんを悲しい姿に変え、昔の写真を見ながらひとり酒をあおるお父さんを生み出してしまうのです。また活性酸素は動脈硬化を起こす原因とされていて、大量に発生すると脳卒中や心筋梗塞のリスクを急激に高めてしまいます。

さらに活性酸素が細胞を破壊してガン化してしまうさせてしまうこともあります。これを防ぐには活性酸素の増加を防ぐ抗酸化力を持つ栄養素を体内にとる必要があります。日本茶はその条件を満たした優良飲料ですから、身体の抗酸化を進めることができ、脳卒中や心筋梗塞のリスクを減らすの効力が表れるということです。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑