*

玉露

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 たくさんの種類



玉露(ぎょくろ)

茶園を栽培する上で新芽が2、3枚出たころから20日程度日光を遮ったのちに収穫された茶葉のことをいいます。光を遮ることにより、渋みの元とされるカテキンの生成が抑えられ、渋みが少なく芳香な独特の香りが味わえるお茶を楽しむことができます。一般的な煎茶と違い高級な品質として扱われることが多く、品評でも別の扱いとされます。日本茶の部類に入りますが、通常の煎茶等の品種と異なるお茶の品種が使用されます。

玉露のいれ方

茶葉の量 2人分
6~7g(ティースプーン3,4杯)
お湯の温度
50~60℃
お湯の量
150~200cc
抽出時間
120~150秒

一般の煎茶と違い玉露に適した温度は50℃程度なので、煎茶のように沸騰した直後のお湯をそのまま急須に入れてはいけません。先に湯呑などで湯冷ましをするか、ポットで温度調節をして急須にお湯を注ぎましょう。お湯を注いだ後2分から2分半ほど置いて低温でゆっくりお茶の成分を抽出します。複数の湯呑に入れる場合は少しずつ均等に注いでいき、最後の一滴までしぼりだします。

かぶせ茶

かぶせ茶は玉露と同じように新芽が生えた時点で苗木を覆い、日光を遮る栽培をした茶葉です。ただ玉露と違い遮る日数が20日前後に比べて短く3~10日ほどで収穫します。そのため玉露に比べ旨みの元となるテアニンは多くなります。いれ方や味に変化が見られ、お湯の温度を高くすることで煎茶よりの味が出せ、お湯の温度を低くすると玉露に近い味が出るため、一つの茶葉で煎茶、玉露の2つの味わいが楽しめます。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑