*

ホントは怖い・・・お茶を飲むことによって発症のリスクがある成分

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 驚きの効能



現在たくさんの飲み物がありますが、コーヒー・紅茶・お茶を飲みすぎると身体に悪いという話を聞きます。特にお茶は健康の面でも飲んだ方がいいということがありますが、お茶をガブガブ飲みすぎるのも実を言うとよくありません。

なぜお茶をたくさん飲んではいけないのでしょう?なぜならコーヒーやお茶にはカフェイン・タンニン・シュウ酸が含まれているためです。では、もう少し詳しく知ってみましょう。

胃を荒らすカフェイン

カフェインには眠気をなくし、身体を活発にさせる効果があり、それは脳・筋肉などを刺激して興奮状態を起こさせる覚醒作用といえます。また、カフェインは強心剤(心臓の収縮力を強める薬)としても利用されています。さらに胃酸の分泌を促す作用もあるので、胃酸過多の人が空腹時に飲むと胃を荒らしてしまう場合あります。このようにカフェインの取りすぎはあまりよくないことのが分かるはずです。

貧血を引き起こすタンニン

お茶の渋味の元と言われるのがタンニンです。いいことだらけと言いたいところですが、実はタンニンは鉄と結合してしまい、身体の中でタンニン鉄となり吸収を悪くします。特に女性には月のものがあるため不足しがちな鉄分です。タンニンをとりすぎると体内に鉄分が吸収されにくくなってしまうため、食前食後には飲まない方がよいでしょう。

結石を作り出すシュウ酸

ホウレン草やたけのこなどに多く含まれる成分ですが、ほとんどの植物内に存在する成分です。お茶ですと内容量のおよそ1%程度、コーヒーや特に紅茶には、さらにもう少し多く含まれています。シュウ酸は、腎臓内でカルシウムと結合するとによって結石を生成します。

これを尿路結石といいます。知っている方はご存知かと思いますが、結石ができると激痛を発症しとても辛い思いをするでしょう。また結石が大きくなると腎不全になるおそれもあります。尿路結石に患う患者は最近増加の一途をたどっており、その原因はペットボトルなどで売られているお茶を飲むようになったためと指摘する人もいます。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑