*

血糖値を下げる健康茶のウソとホント[検証]

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 驚きの効能



血糖値を下げるお茶というものはたくさん売れているようではありますが、本当に効果があるのか疑問が残るところです。インターネットで『血糖値を下げるお茶』と検索するとたくさん情報が手に入ります。それらを総合的に見てみると確かに効果は期待できるようです。

ただ重要なのはその血糖値を下げるお茶がどれぐらい効果があるのかということです。ここが非常に大切なのですが、ほんの少し血糖値を下げることができたとしても、『1杯飲んだだけで糖尿病をきれいさっぱり治してくれる!』というような夢のようなお茶などは存在しません。販売している方々には悪いのですがそれだけは勘違いしてはいけないところです。

健康茶は効果がない?訳ではない

効果が全くないと言っているわけではなく『血糖値を下げるお茶』を飲むこと自体で症状が改善したとすればもちろん続けたほうがいいでしょう。主に血糖値が下がるお茶というものは、『難消化性デキストリン(食物繊維)』という成分が大きく作用することで、体内での糖の吸収をおだやかにして、血液内の血糖値の上昇を抑える働きがあります。

極論で言うと血糖値を下げるのではなくて、血糖値を上げないためという効果をお茶に備わっているといっていいでしょう。また日本茶にはその他に『ポリサッカライド』という成分が含まれています。これらも同じように血糖値を下げる(上げない)効果があるということです。

ウソとホントの境目

お茶の中には血糖値に作用する成分が確かに入ってはいますので、全てがあながちウソという訳ではないのですが、あなた自身の体質によっては飲んでみても効果がない!ということもあり得ます。

もしこういった健康茶の類を購入するならば、ただ『効果バツグン!』『病気がすぐに治る!』などの言葉や値段だけを見るのではなく、どの成分がどう作用するのか?この成分はどんな効果があるのか?などを先に調べてから買われることをおすすめします。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑