*

お茶のカリウムが気になる人へ朗報!ペットボトルを利用しよう

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 驚きの効能



人工透析はカリウムをとってはいけない

腎臓を患っている方は血液中の毒素を浄化できず定期的に人工透析をしなければなりません。週に1回病院に通うように手間がかかり、苦労も多いことでしょう。そのお気持ちをお察しいたします。その人工透析をするにはカリウムを大量にとってはいけないと言われています。

お茶の中に含まれるカリウムの量はどれくらい含まれるのでしょうか?。その場合、一番な解決法は栄養士など良く聞くことが大切ですが、普段の急須にいれるお茶は茶葉から直に成分を抽出するのでカリウムを大量に含んでいます。その点市販のペットボトルの方がカリウムが少なく設定されているようです。

飲んだ量が分かりやすいペットボトル

ペットボトルでの利点は現在飲んでいる量が一目瞭然で分かりますし、飲み残したとしてもふたを閉めて冷蔵庫などで保存すれば、続けてのめるのがいい点です。メーカーによってボトルのふちに目盛がついていたりもするので、購入時に見てみることがいいでしょう。

日本の企業努力も捨てたものではありません。これらを見ればお茶の減り具合が分かり毎日でも管理がしやすくなりますね。自分の飲んだ量がはっきり分かればいきなり体内のカリウムが上がるということもそうありません。

ペットボトルでも種類によって違いが

また市販のものでもダイエットをテーマに取り扱っている商品などの健康茶と呼ばれる種類にはカリウムを多く含む商品もあるので注意しましょう。どうしても気になるというならば、麦茶や玄米茶は元からカリウムが少ないものとして有名です。そもそも水を含みほとんどの飲料にはわずかながらでもカリウムが含まれています。目くじらを立てて気にしすぎるというのも、あまりよくはありません。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑