*

お茶類はなぜ泡立つのか検証してみた

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 色々な雑学



ペットボトルのお茶をバッグにいれて、放置していたら謎の泡が?!お茶好きの人ならば、そんな光景をよく見かけると思います。日本茶も紅茶も烏龍茶も、ボトルを少し振るだけでも泡だらけになります。しかもどれだけ待ってもこの泡はなかなか消えません。どうしてお茶は泡立ってしまうのか?その原因を調べてみました。

原因はお茶のある成分のせい

炭酸系の飲料ならば別ですが、余程激しくシェイクしない限り、他の清涼飲料水で中が泡立つことはあまり見かけません。なぜお茶だけそんなことが起きるのか?実はお茶には他の飲料に含まれない成分があるからなのです。

その成分は『サポニン』といわれるもので、サポニンには界面活性剤(かいめんかっせいざい)としての性質があり、分かりやすく言うと洗剤やせっけんと同じように泡立つ性質を持っています。

このサポニンは茶葉だけでなく、お茶の副産物の茶の実にも含まれていて、実を絞り出した油を茶油として利用するところもありますし、一般的にもその茶の実を主成分としてシャンプーや石鹸として利用されています。とはいえ一番心配なのは石鹸と同じ泡と聞くと、飲料には問題はないのかと思われることでしょう。

お茶の泡は身体にいい証拠?!

石鹸を食べても大丈夫なの?と気にしてしまいますが、むしろサポニンは体にいい物質なのです。サポニンを飲むと体内に溜まった脂肪を洗い流すとされており、ダイエットに効果的という結果が出ています。その他にがんの予防や、アレルギー体質の改善にも役立つとして現在でも研究が進められています。

お茶の泡を消す方法

どうしても泡が気になるというならば、アルコール類を混ぜるとサポニンが中和され泡を消すことができます。普通の場合や飲み屋さん以外ではできないテクニックではありますが、雑学として載せてみます。たとえ泡が立っていたとしても、味や品質には問題はありませんので気にせず飲んでも大丈夫です。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑