*

夏場のお客様には温かいお茶?冷たいお茶?

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 色々な雑学



温かいお茶と冷たいお茶はどっちがいいか?

仕事中にお客様が来たとして、基本は温かいお茶を出すけど、今日は外が暑いし冷たい方がいいのかなぁ・・・と迷ったことはありませんか?最近では社内に給湯器を置いてある会社も多く、温かいものでも冷たいものでもすぐにいれることができます。わざわざお客様に聞くことでもないし、実際はどちらがいいのか考えてみましょう。

基本的に暑い日には冷たいお茶で

結果から言うと暑い日は冷たいものをお出しするのが通常です。わざわざ暑い日に熱いものを飲みたがる人はあまりいないためです。『冷たい方がいいの?もう熱いものを用意してしまった?!』といっても出されたものにいきなり怒り出す人はそういないでしょう。

また車で来られる方でも一般的には暑いところから来ているのでまずは冷たいお茶がいいかと思います。またお客様に合わせるかたちで社内の人にも同じものをお出しするのが基本です。会議や商談などで長時間かかり、2杯目を出すときには温かいお茶などを出せばいいのです。

今日の天気は何かしら?気温を調べてみる

とはいえ何が何でも冷たいものというのも考え物です。例えば夕立に降られてずぶ濡れになってしまった客には、もちろん温かいものがいいでしょう。また夏場とはいっても曇りや雨で涼しい日もあります。天気の状況によって考えてみるもの一つの手です。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑