*

市販の『硬水と軟水』お茶に合うのはどっち?

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 色々な雑学



天然水でお茶をいれる

一般の水道水には消毒のため微量ですが塩素が入っているため、少なからず濁った味になってしまいます。そこでお茶をいれるときには市販の飲料水を利用すると味や香りを存分に楽しむことができます。

スーパーやコンビニでも安心して飲める水として飲料水が数多くが売られています。気になるのは硬水と軟水が分かれていることです。では硬水と軟水とはどういったことなのでしょうか?

硬水と軟水の違い

飲料水の基準は世界保健機関WHOにのっとり決められています。水の硬度は1ℓに対してカルシウムやマグネシウムの用量がどれだけ溶け込んでいるかによって決まります。一般的に水1ℓの中に0~100mgを『軟水』、100~300mgを『中軟水』、300mg~が『硬水』と呼ばれています。軟水は混じりっけのない水のことで、一方硬水は水自体にミネラルなどを多く含んでいます。

日本茶には軟水がよい

日本茶を飲むのには軟水が適していると言われています。軟水には余分なものが溶け込んでいませんので、くせがなく素材本来の味を感じることができます。軟水は粉ミルクなどにも適していて乳児でも安心して飲むことができます。

硬水でもお茶をいれることはできますが、苦みが強くなるなどあまりおすすめしません。お茶用の水を購入するときには表示をよく見て軟水を買いましょう。



⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑