*

お茶に含まれるテアニンでリラックス!

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 驚きの効能



テアニンとは?

お茶にはテアニンと呼ばれるアミノ酸の一種が含まれています。世の中にはたくさんの食材がありますが、テアニンはお茶類からしかとることができません。このテアニンはお茶で言う飲んだときの旨みや甘みを構成する成分です。

日本茶は特にそのテアニンを含む品種が多く、上級煎茶・玉露のように栽培する段階で茶樹に光をかぶせる処置を行うかぶせ茶と呼ばれる品種、茶道などで使うおなじみの抹茶はテアニンを多く含むと言われてます。

テアニンの効果

お茶を飲みテアニンを吸収すると脳や神経に作用し、興奮を抑える働きをし、ストレスなどで引き起こす血圧や脈拍の上昇を抑制する働きが認められています。また日本茶、コーヒーや紅茶に入っているカフェインには興奮作用がありますが、テアニンはこの働きを抑えてくれる効果があり、コーヒーなどに比べカフェインの効果を押しとどめてくれます。

睡眠にも関係が示される研究がなされていて、テアニンを取ると安眠の際に出されるα波が増加したという結果が出ています。α波は人が安眠していると出される脳波で、テアニンを取るとぐっすり眠りやすくなります。

お茶を飲んでテアニンを取ろう

このように身体をリラックスしたり安静にする作用があるテアニンは、日常生活にも大いに役立つため日本茶を飲むことは暮らしを豊かにしてくれるものでしょう。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑