*

全国お茶の生産ランキング!日本一はやはりあそこ!

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 色々な雑学



全国のお茶の生産量は静岡が1位、2位が鹿児島県、3位が三重県、4位が京都府、5位が福岡県となります。静岡県は全国の40%のお茶を栽培しており、日本に流通するお茶の2つに1つは静岡県産となります。

第2位の鹿児島県の生産量は静岡県の約半分とされ、3位の三重県は静岡県に比べ7分の1ほどです。ちなみに日本三大茶の一つである狭山茶で有名な埼玉県はお茶の生産はそう多くありません。他には九州地方を中心とした地域で栽培されることが多く、温かい地方での生産が多くなっています。

4位の京都府の生産量は静岡県に比べ少なめですが、量より品質にこだわった栽培に特化され、生産した茶葉は日本茶の高級品として扱われることも珍しくありません。

生産された茶葉は各地の茶商によって加工、ブレンド、梱包された上で、各々の製品が全国に流通していきます。茶葉の生産品は日本茶が多くありますが、茶葉を生産加工する上で紅茶や鳥龍茶を生産する農家もいます。茶の木は学術的に紅茶や中国茶と同じ種類なのでそれらの製品を作る場合があります。

日本茶以外にも碾茶(てんちゃ、抹茶の元)、ほうじ茶、玄米茶などが生産されています。また副産物として茎茶、頭柳、粉茶などがあり、それらは通常の茶葉よりも比較的安値で流通されます。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑