*

お茶の木ってどんなもの?

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 たくさんの種類



茶の木(チャノキ)

日本で主に栽培するお茶の木というのはツバキ科ツバキ属の常緑樹です。木といっても銀杏や楓のように紅葉落葉はしません。茶の木や茶樹と呼ばれます。原産地は中国南部として伝えられています。一般に日本にはなかったとされ外国から持ち込まれた外来種の植物として考えられています。

生態

あまり背の高くならない低木の生え方をしますが野生のものですと2m以上伸びることもあります。農作物として栽培されており、葉が上へ向かって伸びていきますがその際には収穫しやすいように、かまぼこ状に一定の高さで枝を剪定(せんてい)します。

樹齢は150年から200年と言われていますが、農作物として扱うのは木を植えてから20年から30年までの木を利用します。日本茶の品種は主に『やぶきた』という改良した品種で、他の国にあるお茶の木とは異なったものが栽培されています。

使用法

収穫した茶葉を蒸す、炒るなどの工程を得てお湯などに浸して成分を抽出し飲用として扱われます。本来亜熱帯の植物のためあまり寒冷には強くはなく、温かい地域での栽培が主流で行われています。カフェインゃミネラルなどの栄養素を多く含み、紅茶や中国茶などが生産されており世界中で嗜好品として親しまれています。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑