*

お茶の栽培地域

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 たくさんの種類



北は東北から南は沖縄まで

日本では北は秋田県から南は沖縄県まで広い範囲でお茶の栽培が行われています。商用として流通するのは上越地方から南となり、それより北の地域では栽培自体は行われていますが自家用などで飲用が主流です。

品質には年間温度

お茶の品質には温度が大きくかかわっています。お茶の苗は温暖化気候のような年間の平均気温が15℃前後の温かい地域がよく、また茶葉の二番茶、三番茶の生育状況により年間の収穫量が変わってくるため、採算の例をとっても寒い地域にはあまり適してはいません。

その他にもお茶は農作物のため地域の日照時間や降雨量にも関係してきます。また普通の農作物と違うph値の土壌が好まれます。また水のはけがよい土壌に適しています。

当然ながら台風や雹、霜などにも弱くそれらによってお茶の苗が被害を受けることもあり生産量に大きな影響を与えます。南の地域に近づくにつれ早い時期からの収穫が臨め、年間の収穫量が多くなるのも特徴です。

お茶の収穫はどれくらいから?

お茶の苗は毎年新しく育成されていますが、茶葉が収穫ができるのは苗を植えてから4年目からです。安定した量の収穫ができるのは5年目以降となるため、それを考えると気の長い作物とも言えるでしょう。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑