*

お茶は飲んだ後でも美味しい!出がらしを使った簡単燻製の作り方

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 色々な雑学



燻製料理と聞くとキャンプや専門店のイメージがありますが、実は自宅でも作ることができます。そこでお茶の出がらしを使った燻製方法を公開します。

出がらし燻製で用意するもの

・お茶の出がらし大さじ5杯
・砂糖大さじ2杯
・ふたのできるフライパンや鍋(ステンレス製)
・フライパンなどに敷く網
・アルミホイル
・燻製に適した食材
・アルミホイル

作り方

①食材の水分をよくふき取る

燻製にする食材をキッチンペーパーなどで水気をよくふき取ります。その際に水分を残すと味が落ちるのでよくふき取りましょう。

②お茶の出がらしと食材を鍋に入れる

鍋などの底にアルミホイルを敷いて出がらしを乗せ、その上に砂糖をふりかけます。鍋の中くらいの高さに固定しその上に食材を乗せます。固定できず下に落ちるとまっ黒の焦げた茶葉の上に落ちるため食べれなくなります。使うのは足のついた専用の網などを使用するといいでしょう。

③加熱

食材を乗せたら鍋にふたをして、3分ほど強火で加熱します。そのあとに10分程度中火にして待ちます。この際に少々煙が出るため必ず部屋内の換気扇を回し、窓を全開にした方がいいでしょう。

④できあがり

中火で10分燻したらできあがりです。鍋や網は熱くなっているので食材の取り出しに注意してください。出がらしは長時間くすぶる場合もありますから、しっかりと水につけた後捨てます。

いろいろな食材でできます

ベーコンや薄切り肉のような肉類やサーモンの燻製などの魚類、ゆで卵(カラは外す)を燻して燻玉やチーズの燻製なんてのもできます。最初の食材をふくときに塩コショウやスパイスをすり込むと一層味が引き立ちますよ。

料理のメインを張ってもいいですし、ちょっと贅沢なおつまみとしてお酒の友としてもいいですね。ちなみに本格的な燻製と違い簡単な方法ですので、保存期間あまり長いものではなく4、5日ですから、燻製を作ったらすぐに食べましょう。

※燻製中は煙がでますので、部屋内の煙探知機等が反応する場合があります。マンションやアパートで実施する際にはご留意ください。

⇒もっと記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑