*

お茶の種類

代表的な日本茶の種類といれ方

日本には様々なお茶の種類があり、それぞれによって製造の過程や、使用する部分が違います。日本特有のものから、有名な外国の品種のお茶を交えながら、種類の紹介と合わせて正しいお茶のいれ方をそれぞれにまとめてみました。

煎茶:一般に売られている代表的な日本茶
玉露:高級品であることの多いお茶
抹茶:玉露の茶葉を粉状にしたお茶
玉緑茶:釜の中で回転させて葉が丸くなったお茶
茎茶・芽茶・頭柳・粉茶:茶葉以外の部分を多く使ったお茶
玄米茶・ほうじ茶:茶葉を炒り焙煎したお茶
新茶:年初めに一番先に摘んだお茶
番茶:新茶のあとにとれた茶葉を使ったお茶
高級茶:手間をかけて高価に取引されるお茶
健康茶:おすすめ健康茶
冷茶:お湯ではなく水でいれたお茶

ちょっと変わったお茶特集

ゴーヤ茶:ゴーヤを乾燥させたお茶
エノキ茶:キノコを乾燥させたお茶
さんぴん茶:沖縄特有のお茶
苦丁茶:中国産の変わったお茶
紅富貴:花粉症に効果があるお茶
発酵茶:乳酸菌などを加えたお茶
マテ茶:中南米の代表的なお茶
ザクロ茶:ざくろからつくられたお茶

これ以外にもお茶の種類はたくさんあり、それぞれに味や香りにもバラエティーが豊富です。あなたにあったお茶を探してみてはどうでしょうか?

製造方法や生産地

お茶には栽培や加工に適した地域というものがあります。国内や海外でもそれぞれ特性のあるお茶が栽培され、文化を表現しています。そのごく一部ではありますが、紹介しようと思います。

煎茶の製造過程:煎茶の主な製造法
お茶の栽培地域:国内海外でお茶が作られている地域
お茶の木:お茶の品種
お茶の価格:お茶の値段
日本三大茶:日本茶の有名な産地
自家製のお茶:自宅で育てるお茶
生活にあるお茶:身近にあるお茶


公開日:
最終更新日:2014/06/29

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑